読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんなか

こころの真ん中に届くこと、書きたい。

BMIと普通体重の謎

ダイエット 体と心

引き続きダイエット関連の話をします。

わたしは今は明らかに太っているのですが(数字的にも見かけ的にも)、いつも不思議に思うのがBMIと普通体重です。

 

普通体重と言われる数値って、幅がありすぎるのです。

たとえば、わたしはあと3キロ痩せると普通体重になります。身長は163と少しです。BMIは24.9くらい。

でもこれはギリギリなので、一般の人から見るとずいぶん重いし、太っている人、の範疇に入ると思います。

それで、わたしがなりたいベスト体重になるには、あと12キロ痩せなくてはなりません。

しかし、そんなに痩せても、「普通体重」なのです。BMIでいうと21.6くらい。

そしてダイエットする側からみると、3キロ減らすのと12キロ減らすのとではその労力も時間も比べ物にならないほど違うのです。

でも、どちらも「普通体重」。

 

BMI値で言うと、18.5から25未満が普通体重と言われています。

これ、ものすごい幅なんです。

わたしの視点(デブ寄りな目)からみると、他の人に関していえば、もちろん骨格とか個人差はありますが、BMI25はふっくらしてるけど普通な人。BMI18.5はモデルさんみたいに痩せてる人!です。

なんでこんなに幅があるのに「普通体重」なのか。謎です。

でも、人は皆それぞれ違うのだから、その幅は適切なのかもしれません。

 

問題なのは、わたしは自分自身に関しては、「普通体重」である限りは自らを甘やかし許しがちなことです。

普通体重なんだから、健康にさし障るわけでもなし、まあいいでしょうという感じ。そして食べて運動をサボる。

 

しかし、前記事に書いたようにきちんと体を測ってもらうと、とても健康的とはいえないことが判明しました。このままでは支障が出るのが目に見えてる。食事療法と運動を今すぐ始めなくては!と思い、やりました。

でもズルズルとまた増えて。

今は心機一転やり直しを図るところです。

 

あと、自分の目は、脳は、嘘をつくんです。わたしの場合は。ほっておくと見たくないところは見なくなっちゃう。怖い。

体重計に毎朝乗ることはもちろん、お風呂の前やお風呂上がりに全身を見る、巻尺で測る、ことを意識的に行い、自分の体を見張るというか、現状から目をそらさないようにしたいです。