読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まんなか

こころの真ん中に届くこと、書きたい。

虹を渡る日

f:id:majyonan:20170308165744j:plain 

 

f:id:majyonan:20170308165928j:plain

 

*画像はお借りしたものです。

この画像の虹色の生き物は、アドベンチャータイムというアニメのレディレイニーコーン。そして恋人のジェイク。(なんにでもなれるスーパー犬)ふたりはとても仲良しです。ジェイクが弾くビオラを聴くのがレディレイニーコーンは好き。

 

まりおさんが、恋して感電してイカれちゃってる!?(笑)という素敵なミュージシャンneon bunnyさんのCDをわたしも買ってみました。まだ届いていないので待ち遠しい。とても楽しみです。 

 

まりおさんの紹介記事はこちら↓

http://bakazee.hatenablog.com/entry/2017/02/22/104043

 

紹介されている曲をYouTubeで何曲か聴いたのですが、優しくて繊細で可愛くておしゃれでもの憂くて、とても素敵です。

neon bunnyは3/5に初来日されたとのことで、まりおさんは興奮のライブレポも書いておられます。もう!早く全部書いてよね!続きが読みたいです。笑。

まりおさんのライブレポ記事はこちら。↓

http://bakazee.hatenablog.com/entry/2017/03/08/074148


でも書ききれない気持ちもわかる。まりおさんはまだきっと夢の中にいる。来日を何年もずっと待っていたミュージシャンのライブに行けたんだもの。そりゃもうまだ発熱中でしょう。

なんて、勝手な想像なのですが。

 

ブログを読む喜びのひとつに、会ったこともない見ず知らずの方の喜びや感動が伝わってくるということがあります。

そんな時、誰もが生きていて、心を持っていること、喜び悲しみ怒り迷い悩み疲れ諦念希望欲望追憶などを抱えて日々を送っていること、に気づいてはっとする。当たり前のことなんだけど、なんてかけがえのないことなのだろう、と思う。一人一人がおんなじ重みで、今を生きてる。たとえ直接言葉を交わすことはなくても。

そう思うと、街ですれ違うすべての見知らぬ人たちが自分と同じなんだなぁ、と思われて、自分に余裕がない時も、ぎすぎすした気持ちを抱くことが少しは減るような気がします。

 

まりおさんの好きなミュージシャンへの思いの記事を読んで、わたしも好きなミュージシャンに会いに初めてコンサートへ行った時の喜びや興奮や緊張を思い出しました。

繰り返しCDを聴いてその音楽が身に染み込んでいても、生で本人が歌っているのを見たらそれはもう魂が震える。ああこんなにいろんな声が出るんだ。こんな表情や振りで歌うんだ。踊るんだ。声と音は波動になり、リズムと相まってわたしを揺さぶる。体も心も音楽に染まって体温は上昇したままになる。

そう、それはまるで、やっぱり、恋かもしれない。音楽に恋してふわふわと心が自由になって、素足で虹を渡るような心地です。

 

さて、冒頭のアニメのキャラクター、レディレイニーコーンとneon bunny との関係は何もないのですが、しいて言えば、レディレイニーコーンは韓国語を話すのです。淑やかで勇気のある優しい愛に溢れたレディレイニーコーン。透明でみずみずしい息遣いにあふれたneon bunny の音楽と、通うものがあるような気がして載せさせていただきました。

 

好きな音楽を生で聴いて、わたしも、また、虹を渡りたいな。

忙しくても、その日を楽しみに、がんばろうと思います。 

 

 

 

日曜日の桜

f:id:majyonan:20170306180432j:image

 

とても忙しくて疲れ気味なので、気分転換に日曜日に早咲きの桜をみにいきました。玉縄桜というそうです。ソメイヨシノよりも薄紅色が濃くて派手。可憐。綺麗でした。美人な桜でした。ソメイヨシノは佳人というイメージです。意味は同じなのですが…

桜は、昔は好きというのがためらわれたけれど、(へそ曲がりなので)今は心からいいなぁと思います。綺麗なのにはかなくて、桜色という色も淡くて、なんだかとらえどころのない、ぼんやりと面影だけがそっと残るようなところがすきです。

 

さて、日曜日といえばダイエットを少し休む日。出かけたりもするし家族と過ごす時間が長いので、ファーストフードだって食べちゃいます。いや食べました。ちょっと後悔しなくもない。食べたのはケンタッキー2ピースとフィレサンド一口です。おいしかった…

 

不思議なのは、食べた翌日カクンと体重が減り、その翌日にずどんと増えたこと。あかんやん…女子日明けのせいではありますが、0.9キロも動いてびっくりしました。

 

今日はもう平常運転なので、野菜をたくさんとり、制限カロリー内に収めています。オリゴ58さんのブログで知った最強飯を早く炊きたい!のに、なかなか果たせずにいます。黒豆買ってこなくちゃ。

 

低GI食のことが今日のオリゴ58さんのブログにありました。とても興味深く読ませて頂きました。無謀な食事で血糖値を乱高下させることは怖いなぁと思います。

急に血糖値を上げることは私もなるべく避けています。

食べ順ダイエット、チョンダヨンさんのモムチャンダイエットを読んで、これは大切だなぁと思い、なるべく取り入れています。もう2年くらいかな。

まずお白湯かお茶をのみ、汁物、野菜、たんぱく質、糖質の順でなるべく食べるようにしています。

でも、ご飯以外は、和食の食べ方で交互に食べたりもするんですけどね。


モムチャンの食事と運動は良かったけど、運動がわたしには最後の方はきつすぎて挫折してしまった。あと、やや単調なので飽きたというのもあります。

チョンダヨンさんの考え方や実践法には共感できるし、彼女の鍛えられたけれど女性らしい美しい身体はわたしがなりたいボディのイメージなので、今でも目標にしています。

 

さて、オリゴ58さんのブログと励ましのおかげで、近々、ヨガ教室の見学に行くつもりです。多分今週か来週。月に2回1時間半で、お年寄りも多い、初心者向けのコース。こちらの先生も素晴らしいお体をしておられます。つてがあって、早めに見学に行けることになりうれしいです。

 

3月はまだしなければならないことが沢山あり忙殺されているし、4月も新しい仕事が始まって忙しいけれど、

そんな日々でも桜を見に行ったり、運動したり、音楽をきいたり、片付けをしたり、可愛いものを愛でたり、心も体もすっきりと、楽しくなることをしようと思います。

今年の桜は今年きり、で、人生は一度だけ、なのですから。

よーし!やるぞ!

清々晴々な春になりますように。

 

 

 

 

しずくのようにぽとぽとと・つながるご縁

f:id:majyonan:20151215142637j:plain

*写真はホールマーク公式ページからお借りしたものです。

 

はせおやさいさん、に先日記事を言及していただきました。その時、同じ記事の中でぷちよさん(id:puch0o)の記事が紹介されていました。

それがご縁で読ませて頂いています。文章がとてもうまく、視点が客観的でみずみずしい。

お若い方と思うのですがとてもしっかりされていて、お仕事がんばりながら旅をされたり、行動範囲も広く、心の動きの表現も的確で繊細で、素敵だと思います。

自分が働き始めたばかりの頃もがいたりいろんな人に助けてもらい育てて頂いたことなどをブワーッと思い出したり、わたしも旅に出たり映画を観たりしたいなぁと思いながら読んでいます。

そして可愛い姪っ子を眩しい思いで見守る叔母のような気分に勝手になったりもします。全然知らない人なのに気持ち悪くてごめんなさい。

また、ピアノに対する想いとか、とても共感する部分があります。

ぷちよさんはわたしの記事にも言及してくださり、その中で、袖すり合うも多生の縁、ということわざを出されたのですが、わたしも同じ気持ちです。お礼が遅れましたが、ぷちよさん、ありがとうございます。

変な言い方なのですが、年齢とか全く違うけれど、たまたま同じタイミングでブログを紹介していただき、今を生きているという意味では同期生のような気持ちに、勝手になっております。

 

好きな記事たくさんあるのですがとりあえず二つご紹介します。

 

http://puch0o.hatenablog.com/entry/2017/02/24/021558

 
 
一つ目の記事は、好きなものをおすすめすることの難しさ、文具と旅行先とか、から始まり、どんどん展開していくのですが、こういうテーマがいくつも入った長めの文章を書くのは難しい。書く事はかけても、伝わりすく、わかりやすく、書くのは難しいのです。でも思考の流れというのはそういうもので、話題というのは展開していくもの。ぷちよさんは上手に書いておられるなぁと思います。
 
ぷちよさんの文章を読んでいると、雨の雫がぽとぽと落ちてきて、やがて小川になって大河になって海へと続く…ようなイメージが湧きます。
 
わたしはついとりとめなく書いてしまいがちで、何が言いたいのかわからないものを書いてしまうので、1記事1テーマになるべくするよう心がけていますが、ゴゴゴと書きたいことがたくさん湧き上がってくるときは書いてしまいます。ぷちよさんのように、うまく書けるといいなあ。書いて練習しよう。と思います。
 
二つ目の記事は、先にも書きましたが共感する部分が多いです。ぶっちょさんも書かれているように(ニュアンスは違うかもしれません。すみません)ピアノのレッスンは、そう、たしかに自分と向き合う時間であったと、そのときはわからなかったけど、今は思います。
4歳から16歳まで習ったけれど、わたしの一部を形成している。レッスンを通じてわたしは自分の弱点や好き嫌い、得意不得意、限界を知ることができました。演奏上に限らず、性格とか、物事のとらえかた、考え方においても。
懐かしいです。ピアノの記憶は苦しくてでも楽しくて、置き去りにして封印したようなところがあるのだけれど、思い出せてよかった。
ぶちよさんありがとうございます。

 

 

糖質制限について思うこと

f:id:majyonan:20170304141935j:plain

*写真はお借りしたものです。記事の内容とは関係がありません。


またダイエットの話です。

わたしはかつて、身長約164センチ(163.8)、体重76キロの時期がありました。それを約3年かけて54キロまで減らしました。何をしたかというと、食事制限と運動です。

全体の食べる量を減らし、甘いものはもちろん、特にご飯パン麺類をほぼやめました。だいすきでしたがやめました。ほぼ、というのは完全にやめたわけではなく極端に量を減らしたという意味です。

例えば、朝トースト1/2 野菜スープ ゆで卵

昼 お味噌汁 おかずのみ0.5人前

夜 お味噌汁 こんにゃく麺 

おかず0.5人前

みたいな感じです。

甘いものが欲しい時はゼロカロリーの飲むゼリーとゼロカロリーコーラと決めて摂取していました。

その頃はまだ糖質制限という言葉はあんまりメジャーではなかったです。

運動はコアリズムやジョギングなど有酸素系のものばかりしていました。汗をかいてハアハアドキドキしたら痩せる!と思っていたので。


それで、目標達成できて嬉しかったのですが、長続きせずじわじわとリバウンドしてしまいました。原因はいくつかあるのですが、そのうちの一つには、糖質制限が辛かったというのがあります。そして、その考え方に本当は納得できなかったのです。


わたしはパンご飯麺が好き。ほんとうは食べたいけど太るからがまんする。食べてはいけない食べ物。食べるのは怖い。太るから。でも本当かな?という疑惑に自分自身が負けてしまいました。


今は、糖質は悪いものだとは思わないし、食べてはいけないなんて思いません。おいしい。すき。生きる上で必要な大事な食べ物。でも食べすぎないようにしよう。カロリー制限の範囲内に抑えよう。その程度です。 *医師の指導のもと、病気の治療や症状を改善するために糖質制限をされている方には、もちろん適切な食事療法だと思います。


アイスクリームチョコレート菓子パンポテトチップスなどについては、少し食べてやめる、のが今のわたしには難しいので、いまのところ食べない買わないにしています。まだ1ヶ月なので辛くないです。前に買ったぶんが家にあるし、家族は食べるけど、いまのわたしには関係ない食べ物、として見ています。

アイスクリームはたまに食べたい欲に負けて一口もらったりします。どうしてもがっつり食べたいときは、カロリーコントロールアイスか、オリゴ58さんのように自作のココナツミルクアイスクリームを作ってみようと思います。


それで、何が言いたいかというと、食べてはいけない食品、を設けない方がダイエットは長続きするのではということです。ある時期だけやめるのはいいのですが、一生それを続けなくてはと思うとくじけます。なんでも食べていい。でも気をつけて食べよう。もし食べすぎたら調整しよう。それが一番続きます。

それに、糖質でも脂肪でも、必要な栄養素なので、極端に減らすとてきめんに体に影響が出ます。肌や髪が荒れたり、生理が止まったり、便秘になったり、冷えて寒気がしたり、抵抗力が弱まって風邪などをひきやすくなったりしました。こわいです。


そんなわけで、特定の食べ物を悪者のように指摘する考え方には賛成できないのです。それはすごく単純で楽な方法です。悪い食べ物だから食べない。

でもそれよりも、考えて食べる方が、わたしには合っているように思います。

わたしはひたすら我慢したり避けられるようになりたいのではなく、コントロールできるようになりたいのです。

一番いけないのは、食事を抜いたり、これとこれしか食べない、みたいなダイエットです。繰り返しますが、体に確実にダメージがきます。

とにかく早く痩せようとするのも同様です。続かないし、リバウンドしやすいです。


その一方で、ある程度は、食べ物への執着を減らす、ことも重要です。

痩せている人、普通体型の人、は自分の食べる定量がブレず、食べ過ぎることがない人が多いです。

そもそも食べ物や食べることに関心や執着やこだわりが薄いひとも多いです。

すごく食べたい!いっぱい食べたい!という衝動がなかったりします。

また、どんなに好きなものでも、おいしいものでも、高価なもの、珍しいもの、でも、これだけ食べたらもういいや、というラインがあって、その量が少ないのです。太っている人よりも。

太っている人は食べ物や食事への執着が強く、気持ちが食べたい、のに負けている場合が多いです。あと、たくさん食べることに慣れている、のもあります。わたしもそうです。、


全部当たり前のことなのですが、痩せている人を観察したり話したりすると、どうもそういうものだというのがわかりました。

そして、自分もそうなるためには、やはり模倣するのが手っ取り早いです。

あんまり食べ物や食べることに執着しない。栄養バランスのとれた食事を、適切な量で、ゆっくり食べる。なるべく野菜や汁物を多く取る。適度に運動する。そうするとゆっくりでも健康に確実に痩せます。そしてそれが維持できます。


なんでもおいしく大切に適量を食べて、健康でいい状態の体を維持できる。これがわたしの理想です。

わたしはそうなりたい、と切に願います。


宣言。

お目汚し失礼します。

嫌な方はスキップしてください。太くたるんだお腹とくびれのない胴体写真です。




f:id:majyonan:20160610051555j:plain



はぁーあ、仕事終わった!今週のタスクこれにてひとまず完了。よかったよかった。


またまたダイエットの話です。

オリゴ58さんの記事にまた言及させていただきます。オリゴ58さん煩わせてごめんなさい。


オリゴ58さんのブログにはいっつもすごい勇気を頂いてるのですが、この記事、もうわかるわかるだらけで。有り難くてなんか泣きそうになりました。

http://www.origo58.club/entry/2017/03/03/185908


そして、ついにわたしも自分のデータと自撮りをさらす決意をしました。

でも、これですら、最高に太っている時じゃないっていう。そうなんです。最高の時は記録に残せない。辛いから。見たくないから。

手元に残っているのはこれだけでした。しかも逆光で曖昧に撮ってるっていう卑怯さ。


2016年6月のわたし。

身長約163センチ、体重65キロ。

体脂肪率35.5

3サイズ 95 80 95


みよ、このボテボテぶりを!ううう…

でも、変わります。そしてその記録をアップします。

ショックなのは、身長も少し縮んでしまっていること。ほぼ164だったのに。ヨガをしたらオリゴ58さんのように伸びるかな!期待!楽しみ!

そのへんも記録したいです。

よろしくお願いします。





自分の色をさらけだすこと、食事記録

f:id:majyonan:20170304050216j:image


↑写真は無料素材をお借りしました。


↓これは食事記録の写真です。

f:id:majyonan:20170303200459j:plain

 

今週の平日(2/28から3/3)は本当にきつかった。忙しいやら精神的に疲れるやら。

わたしはあまりにしんどいとぱったり墜落&堕落睡眠してしまうのだが(墜落&堕落睡眠-何もかも放り出し、服も着替えずお風呂にも入らず寝ること。私の勝手な造語)、そしてそんな日は年3回くらいなんだけど、それをもう2回もやってしまった。同じ週のなかで。

みかねた家族が家事のフォローをしてくれ、助かった。ありがとう。

 

3/3におかげさまで一山こえたので、3月いっぱいはまだ忙しいけど、次の山に備えるゆとりが少しできた。うれしいです。引き続きがんばる!自分への声かけ。くじけないように。

3/1が一番きつかったが、夫と素晴らしい方々のおかげで助かった。3/2も山場だったが、こちらもまた温かい方のおかげで無事に終えられた。本当に感謝している。ありがとうございます。忘れないよう書いておく。

3/3は、その報告をした。宿題を提出したような気分だった。時間はかかったが、ひとつは半年ほど抱えていた案件だったので、ほっとした。結果的にだが、急いては事を仕損じる、にならなくてよかった。これはいろんな方の知恵とお骨折りのおかげである。自分の浅慮さや視野の狭さ、感情的な部分がよくわかり、勉強になった。自分のそういうところに流されなくてよかった。

 

今日はほぼ初めましての方たちとの顔合わせで、いろんなお話をきいたり自己紹介をしたりした。

自己紹介って、当たり障りなく短く切り上げる人と、長めにいろいろ話す人とがいると思う。わたしはどちらかといえば後者である。というかその場によりけり。

今回は長めにした。というのは、長めに話してくれた方のお話に感銘を受けたのと、わたしはこんな人間でこんな背景を持っている。ということを明らかにしておこうと思ったからだ。わたしにとっては勇気のいることだった。

 

それが吉と出るか凶と出るかはわからないし、不快に思った方ももしかしておられるかもしれないが、こんな人だよというのを出してくれる人の方がわたしはやりやすいからそうした。自分を隠すというか、思っていることと言うことが違う人がいるが、というか、わたしも、だれでも、みんなある程度そうなのだが、出せる部分は出し惜しみせず出す。その方が生きやすい、わたしは。というのが年を重ねてわかってきたことでもある。

 

つまり、取り繕っていい格好しても所詮はサザエさんなのであきらめたのです。ずっこけたまま、すみませんが生きていく。財布を忘れて愉快なことは一つもないけれど。まぁあれは漫画だからね。

4月から始まるその仕事(お金はもらえないが)うまく一年、無事にやりおおせられますように。

 

ここからはまたダイエット記録。

ダイエット日記の方に書けばよいのだけれど、ここにも書きたいので失礼します。

-2.9キロから微増したり戻ったりしてた体重がやっと0.6キロ減りました。つまり、-3.5キロになった。

うれしい。うれしいよー!!!

もしこのペースでこのままやせられるなら、本当に夏にビキニも夢ではない。もちろんただ減らすだけではなくちゃんと運動して綺麗なラインにならないとなので、甘すぎる見込みなんだけど。

特別なことはしていない。前の記事に書いたことを守り、制限カロリー枠内でちゃんと食べて、できる運動を少しして(本当に少しだ…増やしたい)、小さなことでも面倒くさがらず体を動かすようにしているだけ。

 

昨日の食事(3/3)

朝 お白湯 青汁 イングリッシュマフィンにバター1/2こ ピザトースト1/4 野菜スープ ミルク入りコーヒー デコポン1/4こ

 

昼 (忙しくて3時頃食べた)

ビタミン野菜ジュース ハムエッグ 茹で鳥100グラムくらい 茹でブロッコリー ご飯80グラム 野菜炒め少し おかか昆布 プレーンヨーグルトにジャム 

 

おやつ たらみゼリー2個 アイスクリーム一口

 

夜 てまりふと水菜のお澄まし、ちらし寿司200グラムくらい? いちご2個

 

自分で作ったちらし寿司おいしくてたくさん食べた。

お米はおいしいです。

疲れててすごい手抜きな具の少ないお寿司で見かけもわるく恥ずかしいけど載せます。錦糸卵は家族にはちゃんと作った。自分のはスクランブルエッグみたいなふわふわのがすきなのでそんなようなものをのせた。言い訳。

ちなみに、お寿司の具は絹さやとうま煮にした人参だけです。いつもは椎茸や高野豆腐、こんにゃくなどももちろん入れます。しかし、男性陣にはこのあっさりした手抜きの方が好評でした。見た目も綺麗だしね。茶色くなくて。

「おいしいものは茶色い」って言ったの羽海野チカさんだっけな?けだし名言と思います。


それにしても、ひなまつり、っていいな。

 

記録するとわかるが、ご覧の通り、わたしは普通の食べ物をいろいろけっこうたくさん食べてて、いわゆるダイエット食ではない。甘いものも食べてるし。

つまり、今までどれだけ食べ過ぎてたか。しかも、食べたいもの、高カロリーなものを好きなだけ食べてたか、がわかる。だから太ったのだ。

普通の人はそんなに食べてない。普通に食べて普通に運動してたら普通体型になるのです。当たり前ですね。でもその普通、がわからなくなっているのが太っている人なのです。


記録する、計量する、ってとても大事だ。

見る、考える、工夫する、ことも。

それは自分を客観的に見ることだから。

現実の自分を受け入れる勇気を持ち、そこからスタートを切ることが、ダイエットの第一歩。

オリゴ58さんが書いておられる、「ダイエットのスイッチ」を自分で入れる瞬間だ。

http://www.origo58.club/entry/2017/03/03/002634

それができたら、半分は成功したも同じだと思う。いや、半分は言い過ぎか。3割くらいかな。でもそのくらい大事。

そして、そこに至るまでが、苦しいんだ。それに比べたら、ダイエットの辛さは軽いと思える。というか、辛さの質が全然違う。

先の見えないつらさ、と、はっきり明るいゴールが見える(けどたどり着くのは大変だと知る)つらさの違い。

自分を責めるつらさと、自分を受け入れて肯定するつらさのちがい。

わたしは、あきらめずに後者のつらさを選ぶことができてよかった、とおもう。

 

話を戻すけれど、自分の色をさらけ出すことは、つらいことでもある。

それでも、するメリットの方がわたしには大きいので、した。

一年後に答えは出るかもしれないし、出ないかもしれない。

 

関係ないけど、わたしの色って何色だろう?と思う時がある。

赤、白、緑、茶色。な気がする。

血の色、夕陽の色。燃える炎。

白い紙、雪、お豆腐。牛乳。お米。

植物。

地面。チョコレート、コーヒー。パン。

わたしはそんなものでできている気がする。

好きな色はまた別なんだけど。重なる色もあるけど。

 

白、は応用がきかない、融通がきかない、ちょっと潔癖なイメージがある。少しでも他の色が混じればもうそれは白ではなくなる。

わたしは応用や融通をきかせたいけれど、頑固でそれができないところがある。直したいと思う。しかし、軸はしっかりもって、染まらずにいたいと思ったりもする。

そんな大したものでもないのに…

まぁいいや。変わりながら変わらない。変われないところを受け入れて折り合いつけるのもまた生き方だから。

 

えらく長くなってしまいました。ごめんなさい。やっぱり忙しくて辛くてたまっていたんだな、わたし。

ぐだぐだだけど、書きたかった。書けてよかった。

 

 

 

 

 

 

あかあかと

f:id:majyonan:20170228184955j:image

 

心の話。

赤い小物、たまに買いたくなります。これはキッチンミトンとエコバッグ。ミトンは友人からもらったクマの形のを25年くらい使っていて、もう一つ欲しくなって買いました。両手にはめると便利かな?と。

赤は、眺めていると元気になる。

赤一色では強いので、少し白い模様や余白があるとなおすき。

今忙しくて女子日でふらふらなのですが、小物からパワーをもらっています。

あと、炎がパチパチ燃えてる暖炉やかまどに手をかざす、とか、赤いコタツ布団にもぐってるところ、などを想像するのも有効です。

なんかこう、あかあかと心があかるくあったかくなります。

 

ここからは体の話。

オリゴ58さんが、とうとう目標達成されました!素晴らしいです。おめでとうございます。

http://www.origo58.club/entry/2017/02/25/233354

ダイエットにとても役に立つありがたい記事を沢山書いてくださってます。

 

わたしはダイエットを始めて1ヶ月がたちました。ー2.9キロ。忙しさを口実にあまり運動できてないので、3月の仕事が終わったらもっと運動したいです。オリゴ58さんに背中を押して頂いたので、ヨガも始めるつもりです。

 

嬉しいのは、女子日でも体重が増えないこと!1-2キロ増えるのが当たり前でした。いつもよりさらに、とにかくやたらに甘いものが食べたくなり、それに逆らわない日々でした。

でももうやめました。女子日でもわたしはわたし。コントロールするのは、わたし自身。無理はしないけどね。

偉そうに言いましたが、やめられたことに、びっくりしています。

 オリゴ58さんの節制と自律に、とても励まされています。

ブログで紹介されていた、たらみの濃いゼロカロリーゼリーは本当においしくて食べ応えあって強い味方です。

 

食事で気をつけていること。

・つまみ食い厳禁。

・ながら食べしない。いただきます、とごちそうさま、をはっきり。

・起きたらお白湯をゆっくり飲む。

・バランス良い食事を作り、なるべくゆっくり味わって食べる。

・アイスクリーム、菓子パン、チョコレートは食べない。買わない。どうしても食べたい時は家族に一口だけもらって食べる。

・お腹が空いたらノンカロリーの飲み物がたらみゼロカロリーゼリーか野菜を食べる。

・常に腹6分目から8分目を心がける。

・食べ終わったらすぐ歯を磨く。

 

今日の食事

朝 お白湯 青汁 野菜ジュース ウィンナー1本 スクランブルエッグ イングリッシュマフィン1/2個 ミルク入りコーヒー

 

昼 茹でもやし 茹で青菜 シンガポールラクサヌードル  低カロリー豆乳

豚生姜焼き少し

 

おやつ たらみゼロカロリーゼリー2個

ダノンヨーグルト 49カロリー

リコッタチーズと全粒粉スコーン一口

ミルク少しスパイスチャイ

 

夜  茶碗蒸し 

青菜の茹でたの ぶり大根 メカジキソテー おかゆ85カロリー

 

運動

自転車で近所を往復坂道二往復 ツンツン体操

 

夏にはビキニ、着られたらいいな。