まんなか

こころの真ん中に届くこと、書きたい。

7月・仕切り直し

f:id:majyonan:20200706081510j:image

名店ビル内にしつらえられた懐かしい感じの熱帯魚水槽。

 

6月の後半からいろんなことがありました。

お出かけもちょこちょこしたんだけど、考えて決断することも多くて、苦しい時もありました。

家族や友達との楽しいひと時、きれいなもの、かわいいもの、おいしいものに助けられました。なーんだ、いつもと変わらないね。(笑)

 

コロナのためにできなくなってしまったこと、家族の事情と自分の限界で辞めたこと。

それはそれとして、自分と向き合って自分を立て直していくこと。を決意しました。

ちょうど7月だもの。仕切り直すのに良いタイミング。

 

楽しいお出かけのことはまた書こうと思います。

今日はダイエットの報告と反省をさせてください。

 

4月末からはじめて、5月は好調に3.4キロ減量成功。6月はダメで1キロ余りリバウンドしました。7月は巻き返すべく策を練り実行中。

どうしてダメなのかな?と考えると、食べてしまっているからです。いつものパターン。

 

大食いと余計なものを食べるのを直し適量で満足する。

少しずつ体を動かす。

そのために、ザバスプロテインを初めて買い飲みはじめました。リッチショコラ味はココアのようで飲みやすいです。腹持ちも良いです。

一食あたり80円くらいなのもありがたい。

 

食事にプラスではカロリーが増えるだけで意味がないので、置き換えています。

夕食は家族と同じようにできれば食べたいので、朝または昼に(あるいは両方)活用。

例えば今朝はこんな感じ。

 

朝食

野菜スープ+糸寒天

ルイボスティー

プロテイン

コーヒーに牛乳少し

 

とりあえず1ヶ月続けます。

食事の量に慣れてきたら、また考えます。

健康に楽しく生きていけるよう、自分を整えたいです。

 

◆体重グラフ

5月

f:id:majyonan:20200706090402j:image

6月

f:id:majyonan:20200706090420j:image

7月

f:id:majyonan:20200706090436j:image

 

 

 

 

 

6月・プリンに救われた日


f:id:majyonan:20200614104425j:image

f:id:majyonan:20200614104420j:image

名前を知らないお花

綺麗な青とやさしいピンクでみとれました。

 

今日は、「プリンがおいしかった。」というだけの内容です。それなのにめっちゃ長い。

ごめんなさい。

 

6月も1/3を過ぎました。自粛が明けてうれしいけれどいろんな対応に追われています。

皆様きっと同様なのではないでしょうか。

おつかれさまです。

f:id:majyonan:20200611155949j:image

6月のカレンダー

このリスにはかすかな狂気を感じる…目がイっちゃってるし。キノコだし。(笑)

 

以下、ちょっとぼかして書きます。(別にぼかす必要はないんですが…)

わたしは七川県が好きです。観光で出かけることもありますし、七川県内の街に用事があることもあります。

先日用事があり、家族と車で出かけました。

 

わたしの家族には2人体調の悪い人がいます。1人は今はまあまあ安定しているのですが、もう1人は良かったり悪かったりです。

その日はわりと悪くて、前から予定していた用事が済ませられないかもしれなくなり、気を揉みました。

体調は少し回復し、不十分ながらも用事を済ませられたのでよかったです。

 

家族の体調が悪いと、わたしはとても悲しくなります。苦しむ家族を見るのは辛く、代わってあげるわけにもいかず、なすすべがないように思うからです。そんな自分がもどかしく、落ち込んだり、怒りを覚えることもあります。

 

病院に連れて行ったり、食事や身の回りの世話をすることはできる。でも病気を治すことはできない。当たり前。それなのに悔しい。

出口が見えないような気持ちになって落ち込むこともあります。

 

でもそんなことはおかしい。一番苦しいのは本人なのだから、わたしの思いは余計です。かえって病人に負担をかけてしまう。淡々とありのままを受け入れて、するべきことをすればいい。

わたしは修行が足りない。だめだなぁ。

ゆっくりですが少しずつ回復しているので、不安にならず、焦らず、支えたいです。

 

具合の悪い家族と気持ちが沈んでいるわたしを励ますため、そしてもちろん自分が食べたいため、夫が有名なプリンのお店へ連れて行ってくれました。

 

七川県内ではあまりにも有名なこのお店(もしかしたら全国的にも?よくわかりません)のプリンは、美味しいとは聞いていたのですが、わたしの感覚からするとあまりにも高価で、

「くッ!スカしやがって!プリンにそんなお金が出せるかぁ!腹立つぅ!」とそっぽを向いていたのです。

 

で、夫はアプリコットアマレットのブリュレプリン、わたしは北海道生クリームプリンとバニラアイスの盛り合わせ、家族はデザートプレートにそれぞれ飲み物をセットして頂きました。

 

もうね、完敗。

本当においしかった。

今までなんで食べなかったんだろう…意固地になっていた自分を恥じました。

久しぶりの外出に、疲れてどんよりしていた具合の悪い家族も、わたしも、夫も、心からの笑顔になりました。

プリンすごい。プリンに救われた。

 

飲み物もとても美味しく、お店の方のサービスも良く、店内のインテリアも素敵で興味深く、(ゴージャスなのに気取らずいい意味でのアクというか個性を感じるもの)大満足でした。

 

f:id:majyonan:20200611232001j:image

プリンとバニラアイスの盛り合わせ

プリン大きい!滑らかで風味よくおいしい!とにかくおいしい!(語彙が無い)

バニラアイスがもりもりで3個なのにも涙が出そうになった。しかもアイスクリンのようなレトロで手作り感のあるおいしいアイス!

見えないけど生クリームと抹茶クッキー、ココアクッキーも隠れています。

このクッキーがまた香ばしくておいしいの。

 

作り方と、素材がいいんだとおもいます。

さすが長く地元で愛される高級店だけのことはあるなあと思いました。

お値段だけの価値はしっかりあります。

「くそぉ…金か…結局カネなのか…」と夫とふざけてぼやきながら食べました。(笑)

高くてもおいしくないお店はありますから、このお店は品質に妥協せず実直なのだと思います。

繊細なんだけど豪快。カリカリケチケチしない。なんというか、お金持ちの大らかで優しいお坊ちゃんみたいなプリンでした。

 

f:id:majyonan:20200611163219j:image

デザート盛り合わせ

左上から時計回りに、チーズケーキ、黒蜜プリン、生クリームと2種のクッキー、スタンダードなプリン、濃厚カスタードプリン。

どれも美味しかった!

スタンダードなのは玉子の香りがして美味しいし、黒蜜プリンは想像した味と全然違っていてものすごく好みでした。濃厚カスタードプリンは天国の味。具合の悪い家族がこれが一番好きと言ったのも嬉しかったです。

 

合計5種類を食べ比べたのですが、みんな違ってみんなおいしかったです。ひとつもハズレがなかった。そして満腹になった…

プリンなんてそんなにバリエーション無いよね、とか、なんだかんだ言っても普通のカスタードプリンが一番おいしいんじゃないの?とか思っていた自分をポカポカ殴りたい。

 

それからちょっとしたことがありました。

窓際の席に通されたのですが、はじめ日除けのためカーテンが8割がたしめてありました。もちろん窓やドアは換気のため開けてあります。

途中から日差しが和らいだので、お店の方が「開けてもいいですか?」と断ってカーテンをあけてくださいました。

 

窓の正面はお店の駐車場。

駐車しているトラックの運転席と助手席で、おじさんとお兄さんが無心にプリンを食べておられました。じつに幸せそうに!

その様子をそりゃもうばっちりと見てしまいました。

目は合わなかったので先方は気付いてないと思いますが、ホワホワと温かい気持ちになりました。

 

その反面、何かみてはいけないものをこっそり見てしまったようで、

「…やっぱりカーテン閉めてください。」って店員さんに頼もうか?それでシャッ!と閉められて運転手さんたちが気付いてしまったら、そっちの方がすごい感じ悪いよね?」

などと言い合い、笑い転げてしまいました。

 

そんなに面白いことじゃないかもしれないけど、体調が悪かった家族が持ち直してホッとしたせいもあるんだと思います。

一緒に出かけることができ、おいしいものを食べられて、ただただ、うれしかった。

 

わたしは食い意地が張っているのでおいしいもものはだいすきです。

減量はちゃんと続けますが、あのプリンはまた食べに行きたいなぁ。

今度は家族全員で。

コロナで大変だろうに、営業してくれてありがたいです。ぜったい潰れないでほしい。

節約して貯金箱にプリン資金を貯めようっと。

その日を楽しみに、いろいろがんばります。

 

そのお店の名前は、マーロウ。

著名なハードボイルド小説の主人公、私立探偵フィリップ・マーロウから来ています。

レイモンド・チャンドラー作。

さらば愛しき女よ」「長いお別れ」など古典名作たくさん。面白いです。かっこいい名セリフを真似したくなります。

「さよならを言うことは少しの間死ぬことだ」とかね。

 

 

おまけ:

5月の体重グラフ。こんなことをしているので今月は微増して横ばいです。気を引き締めて、あせらずじわじわ右肩下がりに減らします。

f:id:majyonan:20200611181757j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1回・減量は楽しい♪(今度こそ編)

f:id:majyonan:20200520112202j:image

…はい。周期的に現れる、ダイエット記事です。すみません。情けない!

これを書くということは、前回のダイエットに失敗して太ったということです。

このブログでは4回目のリトライになるかな?

いやもっと?

ああ恥ずかしい。いい加減ほとほと呆れる。

減量に興味のある方のみ、しばしお付き合い下さい。

 

わたしは2020/4/28から減量をはじめました。この時点で体重80.3キロ。身長は163センチ強です。肥満1。

とうとう80キロ台になったショックと、息切れするようになったのが恐ろしくて、減量再開。

4/28はたくさん歩き、間食をやめ、おかわりして食べていたご飯を減らしました。

太りすぎの人が急に運動するのは危険なので(4/28に歩いた数日後しばらく膝痛に襲われました)基本的な方法は食生活の改善です。

以下のことをしています。

 

1.間食をやめる

2.ゆる糖質オフ(食べ過ぎていた主食を控えめに。抜くのは絶対しない。)

3.栄養士さんに教わったバランス良い献立にする

4.食べる順番に気をつけ、なるべくよく噛んでゆっくり食べる

5.車に乗らずなるべく歩く

6.簡単なストレッチをする

のを毎日しています。

 

野菜、野菜スープ、お味噌汁、糸寒天、おから、きなこ、ヨーグルト、きのこ、ところてん、をよく食べるようになりました。

菓子パン、調理パン、お菓子類は甘辛問わずほとんど食べません。もちろんアイスクリームや甘い飲み物も。

食べてはいけないものは何もないので、どうしても食べたいときは少し食べます。一口だけ。不思議とそれで満足できるようになりました。

 

最初の2週間は食事の全体の量は減らさずおかずをたくさん食べていました。今はたくさん食べなくても普通の量で満足できるようになりました。

そもそも普通の量がよくわからなくなっていましたが、ぶーこさんのブログや栄養士さんにもらった資料や、自分で買った本などで把握するようになりました。

減量前は、普通の食事の写真を見ても「こんなんじゃ絶対満足できない!少なすぎる!」と思っていました。

それが、満足できるようになりました。

正しい食事の内容と食べ方を守っているのもありますし、自分の偏った食生活や食べ過ぎを自覚して、悪い習慣を今度こそ改めたいと思っているからだと思います。

 

特に夜は控えめにしています。寝る前はおふとんの中でお腹すいたなーと思います。

でも食べすぎて寝苦しいよりずっと楽だし、

翌朝体重減ってるかも!と楽しみなので苦になりません。

そして、「今日も間食せずどか食いもしなかった。えらい!」と自分を褒めるのでストレスがありません。

前は食べてしまう自分がとても嫌でした。ズンズン太ってきたことを夫に注意されてもそんなこと言われなくてもわかってる!と腹を立てるだけでした。イライラすることも多かったです。そしてまた食べるという悪循環…

 

たまに家族と外食することがありますが、その時は残さずに食べています。多いときは家族に食べてもらいます。

外食はどうしても味付けが濃く量も多くなりがちなので、以前より外食をしたくなくなりました。たまの気分転換でいいなと思っています。

 

自分のためにお弁当やお惣菜を買ってきて食べることもほとんどなくなりました。自炊メインです。買うときは家族の分だけで、食べたいと思った時だけ少しもらい、自炊したおかずと組みあわせて食べています。

コンビニへ行っても必要なもの以外買わなくなりました。

新製品や期間限定という文字を見ても、食べてみたい!という欲求がなくなりました。

あっ!ちょっと試したい!と思っても、まぁいいか。と買わずに済ませられるのです。

わたしにこんな日が来るとは。驚いています。

 

毎朝体重と体脂肪率を計り、食事は写真を撮ってあすけんに記録しています。体重の推移は体重管理アプリとダイエット日記にも書いています。あすけんよりそちらの方がシンプルで使いやすいので。

今日で23日目。3.4キロ減量できました。

80.3キロ→76.9キロです。

まだ目標までは遠いけれど、確実に減らし維持したいです。あすけんでは10ヶ月後に目標の適正体重になるという予測値が出ています。

 

具体的には58キロにしたいです。

それが叶い、さらに減らせるようなら54-56キロ。これは2011年に達成した体重です。

今度はリバウンドしません。

 

自分でも驚いているのは、

間食をやめられたこと。

食べ始めると止まらなくて、食べたい食べたい!たくさん食べたい!という欲求が消えたこと。

そしてその両方を続けられていることです。

そのため我慢しているという意識がなく、減量が辛くない。体重が減るのが楽しいです。

 

息切れは減りましたし、いびきをかかなくなったと夫に言われました。嬉しいです。

たった3.4キロでも違う。減量前より確実に体が楽になりました。今まで負担をかけてたんだなぁと思います。もっと減らして正常な状態に体を戻したい。重荷を減らしたい。

10キロ減量できたら以降は少しずつ運動をはじめたいです。

 

とはいえ、今の状態は一時的なものかもしれないので油断できません。

いつまたいわゆるデブ脳(ぶーこさんの名言)が出てくるかわかりません。でも戦えると思います。

健康上の危機感を切実に感じていることと、少し痩せてはまた太るというのをもう繰り返したくないので。

タイトルをシリーズぽくしたのは今度こそ続けたいから。

自分のための宣言であり備忘録ですが、ご興味のある方はこれからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

ホテル・カバナでひとやすみ

f:id:majyonan:20200516081330j:image

↑友達に誕生祝いでもらった藤岡ちさ「りすたちのカレンダー」。5月は藤の花の下でサイダーを飲むりす。熊蜂や小鳥もいます。なごむ。

 

5月も半ばを過ぎました。

音楽に関する趣味全開のひとりごとです。

 

ずっと、新しい音楽を聴く気になれませんでした。趣味のブラスは活動休止、楽器を出して家で練習もままなりません。

趣味ですらしんどいんだから、プロのミュージシャンは大変だろうなぁ。早く収束して活動再開できますように。

 

ふと、2013年にヒットしたnaughty boy feat.Sam.smithの「LALALA」が聴きたくなり、チェックしました。

 

↓公式ビデオ

https://youtu.be/3O1_3zBUKM8

 

美しいピアノのイントロから始まり子供の歌声と哀愁に満ちたメロディが重なる印象的な曲。

しっとりしてるのにとてもポップです。

部屋を飛び出して、外に行きたくなる。

ビデオは奇妙で寓話的。ボリビアオズの魔法使い。政治的な批判も込められているのかな。

少しユーモラスではあるけど悲しい世界。ラストはどういう意味なんだろう?と思います。

少年の幸せを願わずにいられません。

縛りつけ閉じ込める人からは逃げ出せ。自分を苦しめる嫌な言葉からは耳を塞げ。自由を求めて旅立とう。でもその先は…?

 

そしてこの曲が収録されているnaughty boy 2013年アルバム「Hotel Cabana」を聴いてみました。

f:id:majyonan:20200516082916j:image

↑写真はお借りしたものです

 

ノーティーボーイはこんな人です。

タワーレコードの紹介記事より。

https://tower.jp/article/feature_item/2013/08/22/0107

ぬいぐるみの熊さんみたいな笑顔の30代パキスタン系イギリス男性。

 

アルバムは彼がプロデュースした曲を集めています。ジャンルとしてはR&B/ダンス/ポップになるのかな?でもちょっとヒップホップみたいな曲もあるし。全曲良いです。

一曲目はラップ。

いろんな歌手が歌っています。EMERI多め。

わたしは女性ボーカルが好きなのでEmeri SandiやTanikaにぐーっと惹きつけられ、惚れました。男女のボーカルが掛け合うメロディアス&ラップなone wayという曲も好き。

男性ロックバンドBastilleが歌うNo one sleep hereもいいです。

naughty boyは多彩なメロディとアレンジの引き出しを持つ人なんだなぁと思います。

底を流れるのは人間らしい豊かな感情。喜びや怒りや悲しみの体温と湿度。

なんだかとても染みました。

 

いい曲がたくさん入っていて、体がむずむず動き出すような曲もあれば、心がしっとり潤うような曲もあります。

大好きなダフトパンク「Get Lucky」のカバーが入っているのもうれしい。

今日は雨降りの土曜日。このアルバムを聴いてうきうき家事したり、ひとやすみしようと思います。

休むって寝るのもいいけど、適度に動いてる方が休まる気がします。

 

おまけ。あ、この曲もいいですよ。

Naughty Boy ft. Beyoncé, Arrow Benjamin - Runnin' (Lose It All) [Official Video

 

https://youtu.be/eJSik6ejkr0

 

ハウスが平気な人はダフトパンクもどうぞ。

2013年 random access memories

f:id:majyonan:20200516120457j:image

このアルバムは、どこか懐かしい渋めな落ち着いた曲が多くて、雨の日にしっとりなじむと思います。

 

最後に。

ホテル・カバナはタイのピピ島にある有名なリゾートホテルの名前でもあります。ノーティーボーイのアルバムと関連があるのかはわかりません。

コロナが収まり、また自由に旅行できる日が来ることを願います。

 

 

 

 

 

ちょっとうれしかったこと

ささやかな(はっきり言えばせこい・しょぼい)ことなのですがちょっとうれしかったので書きます。

 

f:id:majyonan:20200502222544j:image

・豆苗もさもさ

豆苗は刈り取った?あとに水を与えてお日様の当たるところに置くとまた生えてきますが、このところの好天のせいか成長ぶりがすごくて、こんな感じになりました。(写真左上)

今日は豚バラ肉で巻いてフライパンで焼いたり、塩焼きそばに入れたりして楽しみました。

こんなにイキイキ青々もさもさしてるのに加熱するとしゅうう…と小さくなってしまうところにがっかりな可笑しさを感じます。

一応もう一回もさもさしてもらいたいのでまた水をやって日に当てています。

 

・カルディでタイのうちわ

海老で鯛を釣る、じゃないんですが、むしろいいカモ、かもなのですが、(だじゃれではない)カルディでグリーンカレーを買ったらレジのお姉さんに「今フェア中なので3個お買い上げでこのうちわを差し上げますがいかがでしょう?」と言われて、好きな色味だったのではーい!と2個追加で買いました。(写真右上)

濃いピンクと黄色のいぐさみたいなもので編まれた小型のうちわです。かわいい!

うちには今ナスも鶏肉もたけのこも赤黄ピーマンもあるのでジャスミンライスを買って早く作りたいなぁ。カルディで買えばよかった…

 

・フグこんにゃく

健康のためダイエット再開したので低カロリーでお腹の膨れるものに目が行きます。

こんにゃくをイカ刺しとふぐ刺しに見立てた商品が特売されていたのでふぐの方を買ってみました。

こんにゃくはどう頑張ってもふぐにはなれない。それぞれの良さを活かした道に進めばいいと思います。何も期待せずに食べたんだけど、付属のもみじおろしが案外おいしくて家族全員に好評でした。また買います。

 

・鶏肉料理

いま家族全員がうちにいてそこそこ大家族なのでお米がものすごく減るのは仕方ないとして、おかずをどうするかということに日々ない知恵を絞ったり飽きてやる気をなくしたりしています。

鶏肉は値段が手頃で応用がきくのでよく買います。作って好評だったものメモ。

・トマトチーズソース煮込み風

(こんがり焼いた胸肉を切ったものにトマト缶、砂糖少し、塩胡椒、しょうゆ、ウスターソース、刻みベーコン、とろけるチーズ、粉チーズを加えて煮込んだソースをからめる。皮をパリッとさせたいので生肉から煮込まなかったらうけた)

・中華風しょうゆ旨煮

手羽元、もも肉などを、酒、シャンタン、砂糖、酢、しょうゆ、水で煮込み、五香粉を加えたもの。ゆで卵を一緒に入れてももちろんおいしい。

 

*番外編

・とっさの謎茶漬け

お茶漬け海苔を無性に食べたい時に家族に最後の一つを食べられてしまい、苦肉の策で、塩昆布と松茸お吸い物を入れたら謎に美味しかったという…ただそれだけの話です。

なんとも言えない背徳感とともに頂いたことも記しておく。

まぁ同じメーカーですから代替可も当然か。

塩分とり過ぎなところは問題ですが。

 

以上、不要不急なひとりごとでした。

 

 

何から書こうかなぁ

ご無沙汰しております。皆様お元気ですか。

いろいろ大変ですが生きていきましょう。

自分ことで精一杯で何もできないですが、皆様のご健康とお幸せをお祈りしています。

 

記事をいくつか書いては下書きのままにしていました。何を書いても何かがこぼれて、何も伝わらない気がして。(これは「何を見ても何かを思い出す」と云うヘミングウェイの小説のタイトルをもじっています。)

もういいや!と開き直って、日々のことをだらだら書きます。(平常運転…)

 

◆花


f:id:majyonan:20200430083413j:image

f:id:majyonan:20200430083417j:image

f:id:majyonan:20200430083422j:image

わたしは花が好きなのですが今は植物園などには行けないので通りすがりの花たちを撮りました。少し前のものです。左からヤマブキ、ハナニラ、ヒメツバキ。

昨年自分で植えたフリージアが白赤黄それぞれ沢山咲いてそれはそれは嬉しかったのですが、心ここにあらずだったらしく、切り花にした香りを楽しんだり写真をちゃんと撮ったりということもしませんでした。

数日前に最後の一本を切ってようやく花瓶にさしました。さしたといってもすでにいけていた花と同じ花瓶にいれただけです。残念なことをしてしまった。来年はちゃんと花を楽しみたいです。

 

◆怒り

f:id:majyonan:20200430084118j:image

やり場のない怒りやイライラが募ったのでひとりで沢山歩いてみました。観光地に行ったわけではなくただひたすら歩きました。

歩くのは良いです。無心になって冷静になれます。マスクをして歩くのは息苦しいがしかたない。歩くと車では見過ごしてしまうものが沢山見えてきます。

ダイエットと健康にも良いので機会を作ってまた歩こうと思います。なかなかそんな時間が取れないので普段はこまめにちょこちょこ歩きしています。目標は1日6500歩です。

 

◆誕生日

こんな時なのに家族がお祝いしてくれてうれしかったです。左端のは簡単フォンダンショコラ。ロッテのガーナチョコのホームページにレシピがありました。初めて作りましたがなかなかおいしかったです。あったかいうちに食べます。右端のはお店のアップルパイ。素敵においしかった!家族よお花屋さんケーキ屋さんありがとう!


f:id:majyonan:20200430092408j:image

f:id:majyonan:20200430092411j:image

f:id:majyonan:20200430092417j:image

 

◆ダイエット

好きなものを好きなだけ食べてみっしり太りました。3日前からダイエット開始。

ダイエット日記とあすけんで記録再開。

内容は、ファイトケミカルスープを作って飲み、もずくを食べ、ご飯やパンなど主食は1日一食、おかずはしっかり、間食とお酒はやめるというものです。

運動は無理せず、ツンツン体操、足上げ、家事の合間になるべく歩く。というゆるい内容。

今日で一キロ減りました。うれしい。

まずは1週間。それから1ヶ月。半年。一年。さらに必要なだけの期間。良い習慣を身につけます。健康体重に戻るまで続けます。

 

ファイトケミカルスープについて

前にも書きましたが、本が出ています。ぶーこさんが紹介されていて知りました。感謝です。

作り方は水1リットルに対して、キャベツ、にんじん、かぼちゃ、たまねぎ各100gずつ切って入れ煮るだけです。塩やコンソメは入れません。野菜はちがうものでも構いません。

 

日持ちはあまりしないので冷凍がおすすめです。わたしは倍量作り大体1週間くらいで食べきります。1日1食か2食、食事の前に飲みます。

野菜の量をきっちり計るのは面倒なので、水2リットルに対し、にんじん1本、たまねぎ1個、きざんだキャベツ両手に一杯から二杯、カボチャ1/4個で作っています。適当だ…

 

スープは野菜だけのうっすら甘い優しい味で温めるとじんわり染み渡ります。冷たくても飲めます。体によくてお腹も膨れるし、濃い味付けに慣れた舌がリセットされるように思います。

わたしのように早食い、大食いのクセがある人は、食前にこのスープをゆっくり飲むだけで少し落ち着き、クセを治すことができると思います。少なくとも私には効果があります。

 

あすけんで記録すると、わたしのダイエット開始後の食事は、主菜が多すぎ、炭水化物少ない、脂質多い、になっています。ビタミン鉄分カルシウムなどの栄養バランスはとても良くなっているので、様子を見ながら調節したいと思います。

とにかく継続が命なのでいっぺんに完璧を求めずに続けます。

 

↓食事写真です。

雑な盛り付けで恥ずかしいのでLINE写真アプリでまとめてみました。

ランチョンマットは紺の無地のを買ったのにアクリル絵の具でステンシルぽく桜の花をつけました。が、笑っちゃうほどひどい…

ランチョンマットがあると引き立つのでうれしい。飽きないよう工夫して楽しみながらレッツ改善!


f:id:majyonan:20200430201612j:image

f:id:majyonan:20200430201617j:image



 

 

 

 

 

 

 

ふりかえると

f:id:majyonan:20191109094515j:image

見切れている写真でごめんなさい。好きな色と形のバラ。

 

11月は一年の中で好きな月です。

空が青々と高く空気が澄んでいる。

秋の花はしっとりとすこし寂しげで風情がある。紅葉も美しい。

落ち葉のかさこそいう音を聴くのも愉しい。

秋冬物の衣類も好き。毛布や布団を干したり冬に備える支度をしながら深呼吸する。

身がきゅっと引き締まるような肌寒い気温も好き。

夕暮れ時の美しさ。月や星の冴え渡る夜。

12月の気忙しい感じがまだないのも好き。

 

すこし今年を振り返ってみたいと思います。

 

2019年、日本は途中で元号が変わりました。

そのこととは関係なく、わたしにとっての2019年は前半と後半で色合いの異なるものとなっています。

まるで途中から違う色の毛糸で編んだマフラーみたいに。

 

1月から6月までの前半、家族も私も進路の分かれ道の準備とその結果を迎えました。

4月に家族は希望していた新しい進路につき、わたしも新しい役につきました。

さらに6月には今まで所属していた団体から別の団体へ移りました。

新しい場所で新しい人々と過ごすのは、忙しく緊張もするけれど、楽しい日々でもありました。一方で、今までいた場所やお世話になった方々に思いを巡らしてふと寂しくなることもあります。

それとは別の仕事的なことで喜びを得ることもあり、充実した日々でした。

運転ができるようになったことも大きいです。

7.8月は忙しく楽しい夏休みを過ごしました。

金魚も飼い始めました。元気に大きくなっています。

2019年の前半は、色でいうと暖色系の明るい色の日々。オレンジやピンク、黄色や赤だったように思います。新しいことが多かったから、白のイメージもあります。

 

9月になり、家族が体調を崩すことが増え、10月には本格的にダウンしてしまいました。

同じころ、離れて住む他の家族も入院し、看護や手続きに追われました。それは今も続いています。

通院等で車を運転することが増え、緊張しますが運転できるようになってよかったなぁと実感しています。

高齢の家族がアルツハイマー初期と診断されたこともあり、各方面にお願いして助けてもらったり、今まで担当していたことを減らし、家族のために動ける時間を増やしました。

後半は、ブルー、グリーン、グレー、黒、茶色などのイメージです。心配な気持ちや不安な気持ちがあるので沈んだ色合いです。

でもそれはそれで美しく、落ち着いています。

 

太っているわたしは、10/1から栄養士さんと相談してゆるやかなダイエットを始めました。

増減はありますが一カ月で2キロ減らすことができました。といっても最近はよく食べているのでじわじわとふえています。まずーい!

毎日体重計に乗りすこし気をつけ、ダメだった日も落ち込まずまた次の日からやることを心がけています。

f:id:majyonan:20191109111409j:image

家族が運動のゲーム(リングフィットアドベンチャー)を買ったので、一緒にやって筋肉痛に悶えたりもしています。

 

楽しみとしては、ほそぼそとですが趣味の演奏も続けていますし、短歌も詠んでいます。「ル・ポールのドラァグ・レース」にはまって華麗なるクイーン達の熱い戦いに笑ったり感動したりもしています。元気の出る番組です。

 

f:id:majyonan:20191109134450j:image

公式サイト

https://www.netflix.com/jp/title/70187741

 

ほかには、整理整頓のため不用品を売ったり処分したので結構スッキリしました。読もうと思って眠らせていた本や、着ていない服も出てきて得した気分です。苦笑。

 

寝込んでいるのでなければ、辛い時でも、人間は寝て起きて食べて活動します。

その中には必ず喜びの瞬間があり、ふっと笑顔になります。

落ち着いた色の編み地のなか、ちらっちらっと光る、金色の糸のようです。

たとえば横浜の山手ハロウィンスタンプラリーに参加したこと。その時食べたおいしいトルコ料理や、子供達の可愛らしい仮装姿に気持ちが明るくなりました。

 


f:id:majyonan:20191109153931j:image

f:id:majyonan:20191109153926j:image

f:id:majyonan:20191109153922j:image

 

来年は多分決断の年になりそうです。

これからしなくてはならないこと、やってみたいことを、新しい手帳に書いて眺めてみて、よく考えようと思います。